カテゴリー別アーカイブ: 省力化の事例

弊社が手掛けた省力化機械導入による、効果や改善できたことなどをご紹介します

梱包作業の自動化

当社に寄せられる自動化の相談で多い、梱包作業の自動化のお話です。

工場の省力化を考える上で、完全に人間の手で梱包作業を行っている場合の改善策として、半自動化という手段もあります。

完全な自動化と比較してコストが安く済むことがメリットです。

自動機で出来る梱包作業

では実際に自動機で出来る梱包作業についてご紹介していきます。
ご自身の生産ラインにあった作業工程をご検討ください。

段ボールの組み立て

段ボールの組み立ては人間の手ではなく、機械で行うことが可能です。
段ボールを組み立てて、ガムテープを貼り、箱詰めの位置まで自動で箱を運んでくることができます。
また最終の箱のふた締めまでを自動機で行うことも出来きます。

商品を小箱に詰める

製品を小箱に詰める作業は、製品を供給するラインを作り、小箱の組み立てから蓋締めの装置と組み合わせることで実現できます。

製品箱の段ボール箱詰め

段ボールに製品箱を詰めていく作業も自動機で行うことが出来ます。
6軸ロボットを使用して、箱詰めする装置として製作すれば、多品種対応することができますので、取り扱い品種の多い生産ラインにも対応できます。

まとめ

梱包作業の全ての工程を自動化することが可能ですが、予算の都合で半自動ということも、選択肢としてございます。
自動化することが最善の策という決まり事ではありませんので、状況に合わせて最善の対策を講じることが必要です。

梱包作業の自動化でお悩みの場合は大阪のフェックにご相談ください。

生産設備を改造する際の相見積もり

現場で新しい品種を生産することになると、既存の生産設備を改造して品種替え対応することになります。

現状の生産設備をA社が作成していた場合、品種替えの改造工事もA社に依頼することが一般的です。一般的であるがゆえに、お見積りの際は価格が少々割高になっていることも多々見受けられます。

A社が作った機械だから、他社では改造できないのではないか?と考えてしまうことも価格を釣り上げてしまう要因です。

前提としてA社が作った機械を、他社が改造することは可能です。

当社ではこれまで様々な案件の他社が製作した装置を改造してきました。

改造も比較見積りを取るとわかる意外なメリット

改造の場合でも、すぐに現状の会社に依頼するのではなく、他社と相見積もりを取ることをお勧めします。理由は単純な価格だけのことではありません。A社以外の会社が参入することで、現状の設備に、新たな考え方や技術を導入できる可能性があるのです。新しい考え方で現状の設備の余裕度や習慣の踏襲を打破できれば、生産現場にとって大きなメリットとなります。

機械設備の改造はフェックにお任せ下さい

改造工事が得意な大阪のフェックでは、価格・品質・メンテナンス性を考慮した機械設備の改造が可能です。現状設備の問題点をお伺いし、適切な改善策を取り入れて、品種替えや改造の工事を承ります。見た目も綺麗に安全性の高い装置の製作はフェックにお任せ下さい。

メンテナンスが簡単でない省力化機械はダメ

生産設備を稼働させる上で重要なことにメンテナンスがありますが、通常、簡易的なメンテナンスは工場内で取り決められた設備の担当者が対応します。一般的に担当者は機械のプロフェッショナルではないために、メンテナンスの際は苦手意識を持ちながら作業する人も多いと聞いています。

機械が苦手な人がメンテナンスすることを前提に設計

機械の設計は、その機能を重視するがゆえに、メンテナンスの容易さまで頭が回っていない設計の機械を何台も見てきました。

性能は良いがメンテナンスが難しい

という機械は果たして良い機械と言えるでしょうか?

例えば、一般的な機械よりも1.5倍の性能を持っていたとしても、メンテナンスが難しければ、メンテナンスに要する時間や、メンテナンス中のトラブルによる生産ラインの停止などが起こります。
生産速度が上がってもメンテナンスが難しければ、結果的に損失を被ることさえあります。

当社で設計する省力化機械はメンテナンス性も重視しています。
長く使いやすく性能が良い機械こそが当社の考える理想的な省力化機械です。

食品の生産ラインでのドロップを削減

今回ご紹介させていただきます、省力化事例は、食品の生産ラインでのドロップを削減する事案です。

食品の省力化装置で、整列・搬送装置がございますが、この装置に人の作業が入る場合、人と連動した動きが必要になってきます。

装置導入時は問題としなかったことも、改善できればより効率化できますので、当社には装置の改造の依頼を頂くことが多々ございます。 Continue reading