カテゴリー別アーカイブ: 省力化のメリット

省力化機械を導入することによるメリットをご紹介します

省力化によって作業員の事故を未然に防ぐ

工場内や現場での作業を見渡した時、作業員にとって危険な仕事はございませんか。
作業員が高所や身体に負担となるような危険な作業をしている場合、早急に省力化する必要があります。

省力化といえば、生産コストを下げる、生産スピードを上げる、といったことを真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、作業員の事故を未然に防いで安全を確保できるといったメリットもあるのです。

省力化の例としましては、生産ラインの自動化やオートメーションです。

しかし、オートメーション化をする際には、メンテナンスのし易さやトラブルが少ない手段を優先しながら、最小の労力・コストを実現しなくてはなりません。

そのためには、生産設備や生産ラインを自動化する豊富な経験が必要です。

当社フェックでは、1970年の創業より、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
さらには、改造工事も得意としておりますので、他社が製作した装置の改造も可能です。

お客様の現状設備の問題点をお伺いし、適切な改善策を取り入れて、品種替えや改造の工事を承りますので、お気軽にご相談ください。

省力化によって工場を24時間稼働させる

人と機械とでは、それぞれ得意・不得意なことが異なります。

たとえば、職人技といわれるような繊細な作業を必要とする場合は人の手が向いますが、長時間の肉体労働や単純作業の繰り返しは機械の方が得意です。
また、これまで人間が行っていた作業を機械化することで、人件費の削減や稼働時間をコントロールすることができます。

そのため、人手が足りなくてお困りの場合や24時間工場を稼働させたい場合は、工場を無人化したり、24時間稼働させることも可能となります。

また、生産設備に省力化機械が入っている場合は、部品の供給やストックといった工程は人間が行っていることが多く見られます。
このような作業も、省力化機械に置き換えることで工場を無人化することが可能です。

当社では、人が行う作業を可能な限り機械に置き換えるお手伝いをしています。

1970年の創業より豊富な実績がございますので、お客様の現状設備の問題点を伺い、適切な改善策を取り入れた上で、ご予算に合わせた最適な省力化をご提案することが可能です。

ささいな疑問や質問にも丁寧に回答させていただきますので、工場設備の無人化のご相談は大阪のフェックにお任せください。

FAシステムによって手作業のトラブルやデメリットを解消

工場などの生産ラインに、省力機械や自動機械による自動化をはかることをFAシステム(ファクトリーオートメーションシステム)といいます。

FAシステムを導入することで、人の手によって行われていた工程を省力化、自動化することができます。

手作業には手作業のメリットがございますが、生産速度のばらつき、組立ミスやビスの閉め忘れ、異物の混入といったトラブルやデメリットも避けられません。

短時間で大量生産することが求められる現場や、危険が伴う現場などでは、FAシステムによる作業が非常に有効です。
さらに、コンピューターを導入することで、生産ラインごとの生産状況も一括で総合管理し調整することができるようになります。

弊社フェックでは、管理システムから制御システム、自動計測機械や非破壊検査装置、充填機、搬送機、印字装置、工作機械、ロボットなどの各種産業機械の設計から部品の製作、組立から電気、調整、据付までを一貫して行っております。

1970年の創業より豊富な実績がございますので、お客様の現状設備の問題点を伺い、適切な改善策を取り入れた上で、ご予算に合わせた最適な省力化をご提案することが可能です。

ぜひ、お気軽にメールやお電話にてお気軽にお問い合わせください。

製造ラインの自動化・省力化

日本の人工は少子高齢化がすすみ、工場での人材不足の声もあちこちで耳にするようになりました。

当社でも『作業員の年齢が高齢化している』『働き手が不足してきている』『スタッフを募集しても応募が来ない』というお客様のお話をよく伺います。

人の手が必要だが、なかなか現実問題として難しい。
そのような場合は、今まで人の手で行っていた製造ラインを、機械や装置を導入して自動化・省力化してみてはいかがでしょうか。

省力化は人手不足を解消できるだけでなく、人件費やコストの削減・生産スピードの向上といった点も期待できます。

しかしながら、省力化やオートメーション化というと設置費用や導入コストに不安を持たれている方も多いかと思います。
お安い買い物ではございませんので、不安を持たれるのは当然のことだと思います。

当社フェックでは、1970年の創業より多数の省力化機械の導入から小さな機械の改造工事を手掛けて参りました。
これまでの豊富な実績がございますので、お客様の現状設備の問題点を伺い、適切な改善策を取り入れた上で、ご予算に合わせた最適な省力化をご提案することが可能です。

新規で生産ラインをオートメーション化するケースはもちろんのこと、一度設置した設備の見直しのご相談も承っております。

ぜひ、一度メールやお電話にてお気軽にお問い合わせください。

省力化で手待ちのムダを省く

製品や商品を生産する際、作業工程において様々なムダがあるとされています。
そのうちのひとつがタイトルにもある“手待ちのムダ”です。

手待ちのムダとは、作業ができない・作業が無く待っている時間が生じている状態をさします。
作業をしていないので、時間や人件費がムダになってしまいます。

手待ち状態が発生してしまう原因として、作業スピードの違いが考えられます。
たとえば、ある工程では作業が早く進むのに、その前後の工程では作業に多くの時間がかかってしまうといった状況です。

手待ちのムダを生み出さないためには、各工程において、作業スピードを調整する必要がございます。
作業員の人数を調整したり、加工方法を変えるなど改善案はございます。

しかし、人の手によって調整できない場合は、機械を導入し、省力化・自動化することをおすすめいたします。

当社フェックでは、1970年の創業より大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
そのため、省力化機械は製作時のコストとランニングコストをバランスよく考え、トータルで安く省力化機械を製作することが可能です。

省力化を導入希望される方はもちろん、『どういった作業が省力化に向いているのか』『どのように省力化をすすめれば生産効率をアップできるのか』といった省力化に関する疑問や質問をお持ちの方も、お気軽にご相談ください。

省力化機械の導入によりヒューマンエラーを防止

現場でよく耳にするヒューマンエラーという言葉。
うっかりミスやポカミスだろうと安易に考え、原因を突き止めずにそのまま放置したりしていませんか。
ヒューマンエラーは、たかがうっかりミスでは済ませられません。

なぜなら、最初は小さなうっかりミスであっても、やがては現場全体の生産性や作業スピード、製品の品質に関わってきてしまうのです。

たとえば、人は数を数えるのが苦手です。
一桁なら何の問題もないかもしれませんが、二桁を超えると途端に難しく感じますよね。

部品を揃える、箱を用意する、商品を詰める…など、工場内でを数える場面はたくさんございます。
数え間違いは当然次の工程に影響し、無駄なロスタイムや手間が増えてしまうのです。

省力化機械の導入は、そういったヒューマンエラー防止にも役立ちます。
バーコードリーダーや計数機の導入による数値の確実化や、集計カウンターによる生産数や不良品数のカウントなど、様々な場面で効果を発揮いたします。

当社フェックでは、省力化機械の企画・設計・製造・据え付けまで一貫して対応することが可能です。
1970年の創業より、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
お客様のご予算に合わせた最適な省力化をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

FAシステムの導入による工場の省力化

FAシステム(ファクトリーオートメーションシステム)とは、工場などの生産工程の自動化を図るシステムのことです。

これにより、今まで手作業でおこなわれてきた工程の省力化・自動化も可能となります。

手作業には手作業の良さがございますが、大量生産を目的とし、生産速度のアップ・生産効率のアップ・生産の安定を望む場合、事故や不良品の発生、生産速度のばらつき、ヒューマンエラーといったトラブルやデメリットはどうしてもネックになります。

こういったトラブルやデメリットを解消し、作業員を危険な作業から守るためにもFAシステムの導入をおすすめいたします。

当社では、生産ラインの確認、綿密な打ち合わせにより完全オリジナルの省力機械や自動化機械の設計をし、熟練の技術者による精密機械部品の製作、配線、組立、調整を行い、責任を持ってお客様の生産ラインへの据付をし、高品質な製品を納品させて頂いております。

高品質で丈夫な省力機械・自動化機械・精密機械部品の製作、FAシステムの導入をお考えでしたら、大阪の株式会社フェックまでお気軽にお問合せ下さいませ。

省力化により作業のムラをなくす

人間の手によってが行われる作業にはムラが生じます。
手作業ですので全てが同じとはいかず、誤り率は1%~1.5%にのぼるだろうと言われています。

機械で作業を行った場合は、その誤り率が0.00001%にも下がると言われています。
誤り率が大幅に下がることにより、各段に作業効率が上がることが見込まれます。

また、危険な作業が伴う場合、大きなケガやトラブルに繋がる可能性がございます。
しかし、機械であれば作業員のケガやトラブルの心配がなく、安全に作業をすすめられます。

ケガをしてしまってからでは手遅れです。
大切なスタッフの安全を確保するためにも、危険な作業の省力化は非常に有効な手段といえるでしょう。

当社フェックでは、1970年の創業より、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
さらには、改造工事も得意としておりますので、他社が製作した装置の改造も可能です。

現状設備の問題点をお伺いし、適切な改善策を取り入れて、品種替えや改造の工事を承りますので、お気軽にご相談ください。

倉庫を自動化してモノ作りを強化する

倉庫というと、“モノを置いたり保管するところ”という認識が一般的ではないでしょうか。

しかし、製造業や流通業などで使用する倉庫は、単なるモノ置きではございません。
倉庫は出荷の拠点であり、倉庫をどれだけスムーズに活用できているかがモノ作りの強化につながるのです。

困ったことに、『どこに何があるか把握できていない』『荷物が整理されていないので出し入れに支障がある』『きちんと在庫が管理できていない』というお話をよく耳にします。

これでは、時間もお金もドブに捨てているようなものです。

置き場所の確保・管理、見てわかる仕組み作りを今すぐ実践しましょう。
そして、『どこに』『なにが』『どれだけ』あるのかをデータ化し、バーコードでコンピューター管理すれば、
『どこに何があるか把握できていない』『きちんと在庫が管理できていない』といった問題を解決することができます。

また、制御装置などを設置して出し入れを自動化することで、安全で素早く入出庫作業が実現できるでしょう。

ぜひ倉庫の水準を引き上げ、モノ作りの強化に取り組んでみてください。

『機械化や自動化についてよくわからない』という方は、ぜひ当社にご相談ください。
当社フェックでは、1970年の創業より、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
さらには、改造工事も得意としておりますので、他社が製作した装置の改造も可能です。

恒常的な手不足を自動化で改善

工場内の一時的な増産で手不足が発生した場合は、臨時に派遣スタッフを雇ったり、応援部隊を呼ぶことで増員すれば解決が見込めます。

しかし、手不足が日常的に恒常化している場合は、少々問題がございます。
そのまま放置していると、将来生産に大きな影響を及ぼすことになるからです。

人員の増員や協力体制を見直すだけで手不足が改善しない場合は、段取り替えの刷新、機械の自動化や省力化による本格的な改善に取り組む必要がございます。

たとえば、梱包や塗装における単純作業の繰り返しを機械化するだけで、手作業によって生じていた時間と人員を削減することができるのです。

当社フェックでは、1970年の創業より、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
さらには、改造工事も得意としておりますので、他社が製作した装置の改造も可能です。

現状設備の問題点をお伺いし、適切な改善策を取り入れて品種替えや改造の工事を承ります。

お客様のご予算に合わせた最適な省力化をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。