カテゴリー別アーカイブ: 省力化のすすめ

工場を省力化するには理由があります。省力化するタイミングがわからない方の為に、様々な事例をご紹介します。

産業用ロボットの設計・製作もお任せください

産業用ロボットは、自動車産業や航空宇宙産業、電子・電気産業、食品産業など、様々な分野で活躍しています。

たとえば、自動車産業では、ライン溶接、塗装、搬送など、大きな部品を扱うことも多いため、複数の産業用ロボットが広く活躍しています。
特に、危険を伴う作業や重労働な作業を機械化することで、作業員の安全確保や人手不足解消に大きく役立っています。

また、ロボットのアクチュエーターには、モータが使用されるようになり、小型化・コンパクト化がすすんでいます。
ロボットを動かす際には、プログラム制御だけでなく、キー操作など、実際に作業する人が使いやすいよう考慮すると良いでしょう。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

コンピュータの活用による部品加工

工場では、省力機械や自動ロボットをはじめ、電気炊飯器や電気洗濯機など、家庭で使用される電化製品など多くのものが製造されています。
そして、電化製品をはじめとする機械やロボットなどは、様々な部品で構成されており、その部品の加工は工作機械によって自動で制御されています。

たとえば、工作機械はコンピューターで制御され、フライス削り、中ぐり、穴あけ、タップなどのマシニング加工を行うことが可能です。

コンピュータはあらゆる分野で活用され、それぞれの工程で役立てられています。

当社フェックでは、社屋に工作機械をそろえた加工場を設けております。
お客様からのご要望に合わせて様々なサイズ、形状、材料でベアリングを製作しております。

既製品で同じ形状が無いといった場合や、試作品製作において必要となる部品、メンテナンスの為の部品としてなど1個から製作対応致します。長年培ってきたノウハウと技術により、特殊な形状のベアリング、難削材や特殊な材料を使用してのベアリング製作にも対応いたします。

また、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

省力化で人手不足や安全確保の課題を解決

工場で使用されている機械や機器は、条件や時間といった様々な要因によって動きを制御しています。
信号や指令をもとに処理や判断を制御することで、任意の動きを可能にしているのですね。

たとえば、電子回路・電気回路で成るコントローラー(制御装置)による制御をハードウェア制御、コンピュータによる制御をソフトウェア制御といいますし、電子回路以外にも、条件に沿ったプログラムで信号や情報を判断する制御装置もございます。

こうした技術によって、昔はベテランの社員や熟練の作業員しかこなせなかった作業も、機械で制御することで、だれもが簡単に行えるようになりました。

省力化機械を効果的に導入することで、人手不足や作業員の安全確保といった課題も解決することができます。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

コンピューターネットワークの活用

機械工学(メカニクス)と、電子工学(エレクトロニクス)の知識・技術を融合したメカトロニクスの技術は、工場にも様々な場面で広く使用されています。

工場内の機械は、今やほとんどがコンピューターで制御されています。
工作機によって任意の寸法の部品を製作したり、孔を開けたり、平面加工したりといった作業をおこないます。

さらに、部品の組み立てや製品の設計もコンピューターネットワークが活用されています。

小さな部品の加工から、おおきな機械の組み立てまで、メカトロニクスの技術は欠かせません。

大きな工場では、人手不足や作業員の安全確保が日々課題になっていることも少なくないと思います。
そういった課題も、省力化による自動制御やロボットの自動化により解決することが可能です。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

モータの特徴を活かした省力化機械

メカトロニクス技術を用いた機器は、大まかにいうと、センサを通して電子回路などの制御装置で処理され、機械を動かすアクチュエータへと繋がる構成になっています。
省力機械に欠かせない、回転運動や直進運動などのモータや油圧シリンダなどもアクチュエータの代表です。

モータには一定時間毎にプラスとマイナスが入れ替わる交流の電源で動作するACモータ、プラスとマイナスが一定な直流の電源で動作するDCモータがございます。

ACモータは耐久性がある装置を作るのに向いていますが、速度制御を必要とする動作には不向きです。
一方、DCモータは使い勝手も良く低価格ですが、ノイズや回転のムラといったデメリットがございます。

どちらもメリット・デメリットがございますので、それぞれの特徴を活かして省力化機械を製作することがポイントとなります。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
高精度の省力機の設計・組立、メンテナンス用部品の製作、また試作品の製造まで省力機や自動機の製作をご検討されている場合はお気軽にご相談下さい。

タッチパネルの作成もご相談ください

科学技術の進歩によって、今まで複雑だった動作もコンピューターによって制御・コントロールすることで容易に実現されるようになりました。

たとえば、スマホや家電をはじめとする、タッチパネルのような精密機器もあらゆる場面で目にするようになっています。

タッチパネルなどは、操作をセンサが感知→電子回路が信号を処理→コンピューターがキャッチ→コンピューター内のプログラムによって電子回路や電気回路を挟み、ディスプレイや音声などで出力といった流れになっています。

さらに、タッチパネルには、静電容量方式、赤外線方式、マトリックス・スイッチ、抵抗膜方式、表面弾性波方式、電磁誘導方式といった様々な方式がございます。

タッチパネルのような精密機器を作成するのには、高精度の作業を行うには高精度の設備や機械が当然必要となります。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
高精度の省力機の設計・組立、メンテナンス用部品の製作、また試作品の製造まで省力機や自動機の製作をご検討されている場合はお気軽にご相談下さい。

メカトロニクスによる省力化

多くの工場や作業場では、誰もが簡単かつ安全に作業をこなせるよう、機械の自動化やロボット制御などによる省力化がすすめられています。

省力化の背景には機械工学(メカニクス)と、電子工学(エレクトロニクス)の知識・技術を融合したメカトロニクスの技術が欠かせません。
私たちの身近でいえば、コースや時間などを設定するだけで出来上がる全自動炊飯器や全自動洗濯機などもメカトロニクスの技術によるものです。

こういった省力化機械は、技術の進歩によって制御コンピューターなども小型化され、、使い勝手もますます良くなっています。

大きな工場では、人手不足や作業員の安全確保が日々課題になっていることも少なくないと思います。
そういった課題も、省力化による自動制御やロボットの自動化により解決することが可能です。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

省力機械製造時の接合法について

省力機械や省力装置、産業用設備は、組立時に様々な部品同士の接合が行われます。

ボルト・ナット・リベット・ネジなどで締ることで部品同士を接合させる機械的接合や、溶接やはんだ付け、ろう付けなど部品の材料となる金属の性質を活かした冶金的接合、色々な接着剤を用いての接合などがあり、それぞれ用途や部品の材質、使用される場所などを考慮して接合法を決めていきます。

たとえば、冶金的接合は、気密性に優れ、自由度の高い固定が容易ですが、ひずみなどが出やすく、精度の維持が困難、解体がしにくく破損した場合に部品の取り換えが困難です。

そして、接着剤による接合は、異素材の接合が可能であり、外観を損わず、気密性にも優れていますが、乾くまでに時間がかかったり、耐熱性や耐久性に限界がございます。

各接合方法にはメリット・デメリットがございますので、機械製作時には豊富な知識と経験が必要となります。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、機械製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

カム機構による省力化機械の製作について

カム機構とは、往復運動や回転運動を入力し、希望の出力運動を得るための機構です。

カム機構は、非線形の変換機構であり、高速かつ安定した性能を発揮できます。
再現精度が高いため、同一動作を高速で繰り返す省力化機械は、その大半がカム機構によるものとなっております。

【カム機構で省力化機械を製作する際の流れ】
■カムの種類決定
カム機構には、多くの種類がございます。
そのため、出力運動の速度・コストなどに応じて適切な入力方法を決める必要がございます。

■出力を計算して運動の詳細を決定
カム線図を作成し、カムの移動量や回転角などを決めて出力運動が表されたカム曲線を選び、入力に必要な力を計算します。

■従動節を決定する
剛性や寿命を考慮し、最適な配置や形状を決定します。

また、出力運動の計算は複雑なため、一般的にはソフトを使用いたします。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計~製作~据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。

工場の生産ラインを立ち上げる際に、省力化が初めてであれば、不安があると思いますが、当社では豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

機械設計を見直してメンテナンスの負担を軽減

当社フェックでは、省力化機械や産業用ロボットの設計から部品製作、組立、調整、据付までを一貫して行っております。

そのため、『機械やロボットの設計を見直したい』という方もお気軽にご相談ください。

設計を見直すことで、機械の精度を高める・生産スピードを上げる・メンテナンスの負担を軽減させる・コスト削減につなげるといったメリットが期待できます。

そして、機械全体の設計見見直しはもちろん、『ボルトの数や配置を見直して欲しい』といったご相談にも対応いたします。

狭い場所や見えにくい場所にボルトがあれば、メンテナンスに時間が掛かってしまいます。
メンテナンスの容易さとは、見えやすい・作業しやすい場所にボルトの位置がある状態と言えます。

ボルトの数と配置は、ボルトのサイズと締結力から算出して、正しい位置に配置することが重要です。

機械に慣れていない人が調整作業やメンテナンスを行うと、ボルトを紛失してしまったり、ボルトを折ってしまったりと、機械調整以前の問題が多く発生します。

そのため、出来る限りその様な負担を軽減させることが、機械を稼働させる人たちにとって最善の機械設計であると言えます。