カテゴリー別アーカイブ: 省力化のすすめ

工場を省力化するには理由があります。省力化するタイミングがわからない方の為に、様々な事例をご紹介します。

マイクロスイッチとリミットスイッチ

機械に使用する自動制御の入力機器にマイクロスイッチがございます。

マイクロスイッチにはC(共通)端子、NO(常時開)端子、NC(常時閉)端子という3つの端子があり、この端子によって電気的信号に変換します。
これにより、物体が押しボタンやレバーといったアクチュエーターに接することで機械のON・OFFが切り替えられます。

さらに、マイクロスイッチは、位置検出にも使用されています。

また、水や塵埃などから保護できるケースにマイクロスイッチを内蔵し、機械検出をアクチュエータによって動作させる入力機器をリミットスイッチといいます。
マイクロスイッチよりも耐寒性、耐熱性などが優れています。

マイクロスイッチとリミットスイッチ、どちらを用いるかは、使用目的や用途に応じて使い分けると良いでしょう。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
そのため、ご予算に合わせた最適な省力化を提案が可能です。

省力化機械の製作や機械加工でお困り事や、高精度の省力機の設計・組立、メンテナンス用部品の製作、また試作品の製造まで省力機や自動機の製作をご検討されている場合はお気軽にご相談下さい。

センサの種類について

人は、視覚・聴覚・触覚といった五感から多くの情報を感知しています。
機械やロボットを自動で動かすには、人の五感の代わりになるような仕組みが必要となります。

機械やロボットにとって、人の五感の代わりになるような仕組みがセンサにあたります。

センサは、音・光・温度などを検知し、その種類は様々です。
たとえば、位置を検出するマイクロスイッチやポテンションメータ、温度を検出するサーミスタ、音を検出するコンデンサマイクなどがございます。

このようなセンサを用いて、様々な省力機械や産業ロボットなどが活躍しております。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
そのため、ご予算に合わせた最適な省力化を提案が可能です。

省力化機械の製作や機械加工でお困り事や、高精度の省力機の設計・組立、メンテナンス用部品の製作、また試作品の製造まで省力機や自動機の製作をご検討されている場合はお気軽にご相談下さい。

導入した機械やロボットを見直してみる

工場などで活躍している機械やロボットなどの自動化は、センサやコンピュータ技術、モータ制御技術などによって日々進化を遂げています。
そして、機械やロボットの使い勝手をより良くしたり、性能・機能を向上させるため、フィードバックがおこなわれております。

そのため、
『何十年も前に工場の省力化をしたけど、期待するような効果が出ていない』
『より性能が良い機械にかえたい』
『コストを下げたい』
という方は、一度工場内の機械やロボットを見直してみてはいかがでしょうか。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
そのため、ご予算に合わせた最適な省力化を提案が可能です。

省力化機械の製作や機械加工でお困り事や、高精度の省力機の設計・組立、メンテナンス用部品の製作、また試作品の製造まで省力機や自動機の製作をご検討されている場合はお気軽にご相談下さい。

コンピュータによる機械制御

機械やロボット、コンピュータの導入によって、複雑で時間がかかっていたような作業も短時間で簡単におこなうことができます。
それにより、人にとっては難しい細かな調整作業なども、コンピュータによって制御することで自動で出来るようになりました。

コンピュータには、中央処理装置(CPU)とメモリがあります。
コンピュータ制御は、主に中央処理装置(CPU)、メモリ、入出力インターフェースで構成され、機械などを制御する方法(手順など)がプログラムとして記憶されます。

そして、この制御プログラムを変えることで、インターフェースなどを変えることなく、機械の機能などを変更することができるといったメリットがございます。

機械技術・電気電子技術・コンピュータ技術が融合したメカトロニクスの技術は、ロボットや機械など、幅広い分野や用途で使用されています。

こうした技術によって、昔はベテランの社員や熟練の作業員しかこなせなかった作業も、機械で制御することで、だれもが簡単に行えるようになりました。
省力化機械を効果的に導入することで、人手不足や作業員の安全確保といった課題も解決することができます。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

フィードバック制御による自動制御

機械技術・電気電子技術・コンピュータ技術が融合したメカトロニクスの技術は、ロボットや機械など、幅広い分野や用途で使用されています。

家電などの機械も、任意の動作になるようコンピュータなどによって動きを制御しています。

たとえば、制御法のひとつにフィードバック制御がございます。
身近でいえば、猛暑に欠かせないエアコン。

エアコンは、センサの値と設定した値(設定温度)の差をもとにして、コンプレッサの動きを制御します。
このフィードバック制御により、差が大きければモーターが急速で回り、差が少なくなるほどにゆっくりと回ります。

産業ロボットも、座標や位置、動きの速さなどを教えて任意の動きに制御します。
また、指令に基づいて動く場合や、位置情報を記憶する際には、にメカトロニクスといったコンピューターが使用されています。

こうした技術によって、昔はベテランの社員や熟練の作業員しかこなせなかった作業も、機械で制御することで、だれもが簡単に行えるようになりました。
省力化機械を効果的に導入することで、人手不足や作業員の安全確保といった課題も解決することができます。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

機械やロボットの制御について

機械や機器などは、任意の動きになるよう操作・調整するため、何かしらの制御が必要となります。
たとえば、一連の決まった動きを行うシーケンス制御や、温度センサなどによるON-OFF制御などがございます。

産業ロボットも、座標や位置、動きの速さなどを教えて任意の動きに制御します。
また、指令に基づいて動く場合や、位置情報を記憶する際には、にメカトロニクスといったコンピューターが使用されています。

こうした技術によって、昔はベテランの社員や熟練の作業員しかこなせなかった作業も、機械で制御することで、だれもが簡単に行えるようになりました。
省力化機械を効果的に導入することで、人手不足や作業員の安全確保といった課題も解決することができます。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

産業用ロボットの設計・製作もお任せください

産業用ロボットは、自動車産業や航空宇宙産業、電子・電気産業、食品産業など、様々な分野で活躍しています。

たとえば、自動車産業では、ライン溶接、塗装、搬送など、大きな部品を扱うことも多いため、複数の産業用ロボットが広く活躍しています。
特に、危険を伴う作業や重労働な作業を機械化することで、作業員の安全確保や人手不足解消に大きく役立っています。

また、ロボットのアクチュエーターには、モータが使用されるようになり、小型化・コンパクト化がすすんでいます。
ロボットを動かす際には、プログラム制御だけでなく、キー操作など、実際に作業する人が使いやすいよう考慮すると良いでしょう。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

コンピュータの活用による部品加工

工場では、省力機械や自動ロボットをはじめ、電気炊飯器や電気洗濯機など、家庭で使用される電化製品など多くのものが製造されています。
そして、電化製品をはじめとする機械やロボットなどは、様々な部品で構成されており、その部品の加工は工作機械によって自動で制御されています。

たとえば、工作機械はコンピューターで制御され、フライス削り、中ぐり、穴あけ、タップなどのマシニング加工を行うことが可能です。

コンピュータはあらゆる分野で活用され、それぞれの工程で役立てられています。

当社フェックでは、社屋に工作機械をそろえた加工場を設けております。
お客様からのご要望に合わせて様々なサイズ、形状、材料でベアリングを製作しております。

既製品で同じ形状が無いといった場合や、試作品製作において必要となる部品、メンテナンスの為の部品としてなど1個から製作対応致します。長年培ってきたノウハウと技術により、特殊な形状のベアリング、難削材や特殊な材料を使用してのベアリング製作にも対応いたします。

また、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

省力化で人手不足や安全確保の課題を解決

工場で使用されている機械や機器は、条件や時間といった様々な要因によって動きを制御しています。
信号や指令をもとに処理や判断を制御することで、任意の動きを可能にしているのですね。

たとえば、電子回路・電気回路で成るコントローラー(制御装置)による制御をハードウェア制御、コンピュータによる制御をソフトウェア制御といいますし、電子回路以外にも、条件に沿ったプログラムで信号や情報を判断する制御装置もございます。

こうした技術によって、昔はベテランの社員や熟練の作業員しかこなせなかった作業も、機械で制御することで、だれもが簡単に行えるようになりました。

省力化機械を効果的に導入することで、人手不足や作業員の安全確保といった課題も解決することができます。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。

コンピューターネットワークの活用

機械工学(メカニクス)と、電子工学(エレクトロニクス)の知識・技術を融合したメカトロニクスの技術は、工場にも様々な場面で広く使用されています。

工場内の機械は、今やほとんどがコンピューターで制御されています。
工作機によって任意の寸法の部品を製作したり、孔を開けたり、平面加工したりといった作業をおこないます。

さらに、部品の組み立てや製品の設計もコンピューターネットワークが活用されています。

小さな部品の加工から、おおきな機械の組み立てまで、メカトロニクスの技術は欠かせません。

大きな工場では、人手不足や作業員の安全確保が日々課題になっていることも少なくないと思います。
そういった課題も、省力化による自動制御やロボットの自動化により解決することが可能です。

当社フェックでは、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・製作・据え付けから、小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。
豊富な経験と実績で、ご予算に合わせた最適な省力化を提案ができますので、省力化機械の製作や機械加工でお困り事がございましたらお気軽にご相談ください。