カテゴリー別アーカイブ: 省力化のすすめ

工場を省力化するには理由があります。省力化するタイミングがわからない方の為に、様々な事例をご紹介します。

既存装置の使い勝手を見直してみる

当社では、他社で購入した省力化機械や省力装置や、既存設備の改造工事も得意としております。

省力機械はお高いお買い物ですので、『購入当時のままで見直しをしたことがないという』というお客様も多いかもしれません。

しかし、使い勝手を見直すことで生産性や安全性が大幅に改善されるケースもございます。
改善点を見つけてカスタムする業務は、当社の得意分野です。

・どうすれば効率よく省力化機械を稼働できるか教えて欲しい
・一部の部品を付け替えて欲しい
・既存の生産ラインを改造したい
・シーケンスを見直したい
・他社で購入した古い省力化機械を改造・改善したい
といったお悩みやご要望がございましたら、ぜひ当社フェックにご相談ください。

一般的に既存の設備・装置の改造を行う場合は、しっかりとお客様の状況や改善点をヒアリングし、現地調査に伺います。
【ご注文までの流れ】
■ヒアリング

■現地調査

■仕様決め・お見積り

■ご注文

ご注文確定後に、設計についての詳細打ち合せをし、市販品・加工部品の調達をおこない、改造作業にとりかかります。
改造作業・工事が完了しましたら調整・試運転を行います。

当社フェックでは、1970年の創業より培った省力化機械の製作技術やノウハウは、あらゆる装置の改造に活かすことが出来ます。
お客様のご要望やご予算に合わせた最適な省力化をご提案させていただきますので、既存の装置にトラブルや問題を抱えておられましたら、お気軽にご相談ください。

モノの動かし方に無駄な労力を使っていませんか

工場内で作業をする際、モノを取りに行く、運ぶ、渡す、といった動作が必要になるかと思います。

日々当たり前のように繰り返される動作ですが、モノの動かし方に無駄な労力を使っておられる場合はございませんか。

なぜかと申しますと、小さな部品でも、取りに行く、運ぶ、渡すという作業を一日中繰り返した場合、多大な労力が必要となります。
これが毎日、毎月、毎年と続いていくと、大きな負担になります。

しかし、生産ラインがオートメーション化されていれば、モノを取りに行く、運ぶ、渡すといった労力が要りません。
モノが大きく重くなるほど、このシステムの有効性を得ることができるでしょう。

意外と盲点になりがちですが、モノを持って運ぶ労力、モノを上げ下ろしする労力というのは生産性の向上に大きく関わるポイントなのです。

生産性の向上をご検討の際には、『モノは持って運ぶもの』という前提を覆し、生産ラインのオートメーション化をオススメいたします。

これからはじめて工場の生産ラインをオートメーション化する場合は、ぜひ大阪のフェックにご相談ください。
1970年創業の当社ではこれまで数多くの工場設備を自動化し、生産効率UPや生産コストの削減に貢献してきました。
どんな些細な質問にも対応いたしますので、ぜひ機械のプロにお任せください。

省力化によって作業を仕組化する

工場内の作業の中には、ベテラン作業者でないとできない工程や、特定の技術者しかこなせない工程があるという所も少なくないでしょう。

高い技術力や特殊な技能というのは強みでもありますが、一方で、その技術を継承する人がいないといった悩みも多く耳にいたします。
どの分野においても、後継者不足というのは、深刻な問題です。

こういった後継者不足を少しでも解消するには、誰もが決まった方法で習得できるように、作業を仕組化する必要がございます。

そこで役立つのが、工場の省力化・機械化です。

機械やシステムによって自動制御することで、誰もが扱えるよう作業方法を整備していくのです。

当社フェックでは、1970年の創業より大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございます。

そのため、『省力化にすることで本当に作業効率や生産性がアップし、コストダウンに繋がるのか』、という点を踏まえた上でお客様に最適なご提案いたします。

お客様のニーズに合わせて省力化装置をオーダーメイドで製作することも可能ですので、省力化機械や省力化装置の導入はもちろん、機械の設計のご相談は大阪のフェックにお気軽にお問合せください。

工場の省力化による働き方改革

長時間労働の是正や労働生産性の向上といった働き方改革が叫ばれている昨今。

ホワイトカラーのサラリーマンだけでなく、製品を生産・提供する製造業などにおいても働き方が問われています。

・危険が伴う工程も人の手によって作業が行われている
・長時間稼働による労働時間の超過
・人手不足による作業量の増加
といった問題点を抱えておられる工場も多いかもしれませんね。

なかなか簡単には、それらの改善は難しいかもしれませんが、働き方改革のひとつの方法として機械やシステムを導入した工場の自動化・省力化をおすすめいたします。

たとえば、繰り返し作業や肉体作業が伴う製品の梱包やダンボールの組み立て、危険物の管理を必要とする倉庫や冷凍倉庫の自動倉庫化など、様々なケースに対応することが可能です。

当社フェックでは、1970年の創業より大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで豊富な実績がございますので、お客様のニーズに合わせて省力化装置をオーダーメイドで製作いたします。

そのため、『省力化にすることで本当に作業効率や生産性がアップし、コストダウンに繋がるのか』、という点を踏まえた上でお客様に最適なご提案いたします。

省力化機械や省力化装置の導入はもちろん、機械の設計のご相談は大阪のフェックにお気軽にお問合せください。

他社の機械部品やパーツのみの発注も承ります

お客様が省力装置や省力化機械の製作依頼をした会社や業者でなくても、部品やパーツのみを発注することが可能です。

そのため、『省力化機械の一部の部品だけが欲しい』『省力装置のパーツを取り換えたい』『省力化機械の部品が壊れてしまった』『パーツや部品だけを製作してくれる業者を探している』とお悩みの場合は、ぜひ当社フェックにご相談ください。

当社の社屋2階には加工場があり、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置し、職人が省力化機械の部品を加工しております。

また、当社では、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで豊富な実績があり、半導体・印刷・食品など様々な分野に使用される検査装置や自動組立機などの省力装置を、設計から部品加工、組立まで一貫して手掛けております。

さらに、お客様が現在お使いの省力装置や省力化機械の修理やメンテナンス、改造・改良依頼も承っております。

短納期で省力化機械の納品に対応することも可能ですので、省力機器から精密機械部品の製作まで、機械加工の事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

省力化機械の短納期製作も承っております

産業用ロボットや省力化機械などの部品は、複雑かつ精密な加工が必要となります。

複雑で精密さが要求される形状であっても、マシニングセンタの便利な機能によって素早く部品を製作することができます。

その一つが、切削用の様々な工具を用途に合わせて自動で交換する機能です。
一回一回工具を交換する必要がございませんので、短時間で様々な種類の加工を施すことができます。

他にも特殊な機能があり、その機能が省力機械の部品製作の速度を早めたり、複雑な形状の精密機械部品を高精度・短納期で製作することが出来る様になりました。

大阪の機械加工業会社である当社フェックでは、汎用機と併せてマシニングセンタなどの工作機械を駆使し、非常に高品質な機械部品、そしてそれらの部品を使用し組み立てた省力化機械を製作しております。

また、当社では部品加工から機械の設計・製作・組立・据え付けまで一貫して手掛けております。
そのため、短納期で省力化機械の納品に対応することも可能です。

短納期で省力化機械や産業用設備を導入したいとご希望の方は、ぜひ一度当社フェックにご相談ください。

工作機械の設計や組立もフェックにお任せください

省力化機械は工作機械のひとつで、船舶、電車、自動車、建設機械、農業機械などの作業機械に分類されます。

また、工作機械は、「機械の原点」や「マザーマシン」と呼ばれており、さまざまな機械を構成している機械部品を作り出しています。
まさに、私たちの生活に必要な各種製品を作りだす大切な機械といえるでしょう。

私たちの生活には多種多様な機械が存在しており、それぞれが機械加工による精密機械部品によって作られているのです。

パーツや部品を製作するのも機械加工によって行われ、半導体などの製造もわれわれの機械加工によって組み立てられた省力機や自動機などによって生産されています。

当社フェックでは、省力化機械の設計から組立、メンテナンス用の部品製作や新規開発時の試作品の製作、生産効率向上のための改造や改良のご相談も受け付けております。

大きな省力機を支える小さな部品一つからユニット品の組立など機械製作は実績豊富で高精度の技術を持ちながらも低コスト・短納期で食品、医療、製薬、研究施設など様々な分野のお客様よりご定評を頂いております。

省力化機械に関するご質問やご要望がございましたら、当社フェックにご相談ください。

少ない予算でも省力化・自動化は可能です

工場の自動化や省力化を考えた場合、一番ネックになるのはコスト面ではないでしょうか。
大がかりな機械や装置を導入するとなると、やはりそれなりにお金がかかります。

しかし、予算が少ないからといって自動化・省力化をあきらめる必要はございません。

機械や装置の製造方法は会社や業者によって様々ですし、製造コストも異なります。
見積り金額が予算とかけ離れていても、諦めずに数社に依頼を出してみてください。

それでも予算に収まらない場合は、生産ラインのポイントを絞って自動化・省力化することをおすすめいたします。
具体的には、人間が不得意で、機械が得意な作業を見極めてポイントを絞ると良いでしょう。

当社フェックでは、1970年の創業より大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。

当社であれば独自の省力化機械製造のノウハウがございますので、製作時のコストとランニングコストをバランスよく考え、トータルで安く省力化機械を製作することが可能です。

ポイントを絞った自動化・省力化のご依頼であっても最適な箇所をご提案いたします。
『人間が不得意で、機械が得意な作業を見極めが難しい』といった場合にも、お気軽にご相談ください。

省力化機械のコスト削減のポイント

省力化機械の導入には、ある程度大きなコストがかかります。

『コスト削減のために省力化機械を導入したはずなのに、かえってコストが高くなってしまった』といったことにならないためには、広い視野を持ち、先を見据えた導入を念頭に置く必要がございます。

省力化機械のコスト削減のポイントは、大きく分けて製作コストとランニングコストになります。
ここでいうランニングコストとは、部品交換の頻度や単価、メンテナンスの難しさなどから発生する費用のことをさします。

製作コストを抑えて初期費用を削減しても、ランニングコストが上がると、機械を償却する期間で考えるトータルコストが高くなってしまうという事態に陥ってしまいます。
これでは後々大きな損失に繋がります。

動き出した機械には、安全性や利便性、交換部品の経済性など、機械を製作する構想段階では見えにくい性質のコストがたくさんありますが、これらのコストは経験が豊富な製作工場であれば、事前にある程度把握することが可能です。

当社フェックでは、1970年の創業より大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。
そのため、省力化機械は製作時のコストとランニングコストをバランスよく考え、トータルで安く省力化機械を製作することが可能です。

省力化を導入希望される方はもちろん、省力化を検討中の方もまずはお気軽にご相談ください。

長寿命で耐久性の高い省力機械を製作しています

当社フェックでは、1970年の創業より、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。

また、金属や樹脂を使用した機械加工なども行っており、精密機械部品製作のノウハウを活かした省力化機械や産業設備の製作も得意としております。

そして、当社では、省力化機械や部品の精度や機能だけでなく、長寿命・耐久性といった点も重視し、日々の作業に取り組んでおります。

そのため、熟練の技術と知識を持った職人によって、部品一つ一つの精度、材質や加工法にこだわり、劣化しにくくメンテナンスしやすい製品を提供いたしております。

やはりどんなに良い機械でも、点検や保守を怠ると機械寿命を縮めてしまうことになります。
それだけメンテナンスのしやすさや長寿命・耐久性といった点が大事になるのです。

また、当社では、修理などのアフターメンテナンスも行っております。
さらには、改造工事も得意としておりますので、他社が製作した装置の改造も可能ですので、省力機械製作のことなら何でもお気軽にお申し付けくださいませ。